自然首都・只見  


(種名をクリックすると音声再生画面にリンクします。随時更新中)

ジュウイチ(さえずり)
 カッコウ目カッコウ科
種名はさえずりを「ジュウイチ」と聞きなしたことによる。只見では夏鳥で、オオルリなどに托卵することで知られる。
ホトトギス
 カッコウ目カッコウ科
独特のさえずりは「特許許可局」とも聞きなされる。カッコウの仲間には托卵の習性があり、ホトトギスではウグイスなどを仮親とする。
ヨタカ
 ヨタカ目ヨタカ科
種名に「タカ」とつくが猛禽類とは縁遠い。夏鳥。夜行性で、日没後から「キョキョキョ…」と特徴的な鳴き声が聞かれる。
イソシギ
 チドリ目シギ科
内陸部の河川でよく見られるシギ。只見町では夏鳥で、伊南川・只見川やその支流に生息する。礫の多い河原を好む。
アカショウビン(さえずり)
 ブッポウソウ目カワセミ科
只見町のシンボル的な鳥で、町のゆるキャラ「アカショウちゃん」のモデル。「キョロロロ…」と涼やかにさえずる。夏鳥で、薄暗い林に生息する。
ブッポウソウ
 ブッポウソウ目ブッポウソウ科
かつて「仏法僧(ブッポウソウ)」と鳴くと信じられていた鳥。実際にそう鳴くのはフクロウ科のコノハズクで、本種は「ゲッゲッ」と濁った声で鳴く。只見では夏鳥で、森林に生息する。
アカゲラ
 キツツキ目キツツキ科
下腹部の赤色が美しいキツツキ。只見では近縁のオオアカゲラより数は少ないものの、秋冬になると河原のヤナギ林で観察しやすくなる。
サンショウクイ(さえずり)
 スズメ目サンショウクイ科
種名は「ヒリリ、ヒリリ」というさえずりが「山椒を食べて辛がっている様子」を思わせることに由来する。林に生息する夏鳥。
サンコウチョウ(さえずり)
 スズメ目カササギビタキ科
種名はさえずりを「月・日・星」の三光として聞きなしたことによる。只見では夏鳥で、主に沢沿いのスギ植林地など薄暗い林で観察できる。
ヒガラ(さえずり)
 スズメ目シジュウカラ科
シジュウカラに似るが、腹部は白くシジュウカラのような黒帯がない。只見では留鳥で、針葉樹林等でよく観察できる。
シジュウカラ(さえずり)
 スズメ目シジュウカラ科
林に生息する代表的な小鳥。只見では留鳥で、春夏は主に山地で見られるが、秋冬は人家周辺でも観察される。
ウグイス(さえずり)
 スズメ目ウグイス科
「ホーホケキョ」というさえずりで春を告げる小鳥。只見では夏鳥で、低木林や薮などに生息する。
センダイムシクイ(さえずり)
 スズメ目ムシクイ科
さえずりは「焼酎一杯グィー」と聞きなされる。夏鳥で、コナラの二次林のような明るい広葉樹林に生息する。
メジロ(さえずり)
 スズメ目メジロ科
黄緑色の羽色に白いアイリングが特徴的な小鳥。只見では夏鳥。木の花の蜜や果実を好んで摂食するほか、昆虫なども捕食する。
オオヨシキリ(さえずり)
 スズメ目ヨシキリ科
喧しいほどのさえずりから、別名を「行々子(ぎょうぎょうし)」と言う。只見では夏鳥で、河畔や休耕地のヨシ原などで観察される。
キバシリ
 スズメ目キバシリ科
キツツキさながらに樹木の幹を生活の場とする小鳥。動きは素早く、種名は漢字で書くと「木走」。只見では留鳥で、主に針葉樹林に生息する。
ミソサザイ(さえずり)
 スズメ目ミソサザイ科
森林に生息する焦げ茶色の小鳥。只見では夏鳥。沢沿いにいることも多く、流れの音にかき消されないためか甲高いさえずりを響かせる。
クロツグミ(さえずり)
 スズメ目ツグミ科
大型のツグミの仲間。雄は美しくさえずり、時に他種の鳴き声を真似ることもある。只見では夏鳥で、森林で普通に見られる。
コルリ(さえずり)
 スズメ目ツグミ科
寒冷地の森林に生息する夏鳥。さえずりは「ピッピッピッ…」という前奏のあと「チョリリリ」で締めくくる。浅草岳の山麓などで聞かれるが珍しい。
キセキレイ(さえずり)
 スズメ目セキレイ科
川の上流域に多い小鳥。レモンイエローの腹面が美しい。只見では夏鳥。
セグロセキレイ(さえずり)
 スズメ目セキレイ科
礫の多い河原を好むセキレイ。頭部が黒く、白い眉斑がある。やや濁点の入る声質で複雑にさえずる。
ホオジロ(さえずり)
 スズメ目ホオジロ科
林の縁などの明るい環境を好む小鳥。さえずりは「一筆啓上,仕り候(いっぴつけいじょう,つかまつりそうろう)」と聞きなされる。


© Tadami Beech Center.